お得な利用法がある!互助会の仕組みを知って賢く活用

利用者は多い

会場

冠婚葬祭時に役立つ互助会は、約4割以上の人が利用しているポピュラーなサービスです。費用面の負担はもちろんのこと、精神面のカバーもしっかりしてくれるのが大きな魅力です。

詳しく読む

通過儀礼にも利用可能

葬儀場

互助会は、冠婚葬祭だけではなく七五三や成人式などの通過儀礼や付随する商品の優待にも活用できるケースがあります。また、家族だけではなく友人や知人にも適用できる要件があるので上手に利用しましょう。

詳しく読む

提携先の確認

お花

互助会のサービスをお得に活用するには、まず提携先の確認をすることが必要です。激安価格の冠婚葬祭サービスよりも提携先で自己負担がかなりお得になるケースもあるので比較しましょう。

詳しく読む

冠婚葬祭に使える

数珠

金銭負担を減らす

伝統的な文化や先祖代々受け継がれたものも反映される結婚式や葬儀では、お世話になった人をたくさん招待して儀式が執り行なわれます。この時に心配されるのが費用のことで、その負担は数十万円から数百万円まで幅広いです。ある程度予定していたイベントであれば、貯金で賄うことができるかもしれません。しかし、それでも費用負担が大きく家計を圧迫してしまうことも考えられるでしょう。このような時に安心なのが互助会のサービスで、月々わずかな掛金を支払っておくだけで冠婚葬祭にかかる費用負担を減らすことができるようになっています。実質負担、25万円ぐらいで50万円の冠婚葬祭サービスが利用できるプランもあるので、単純にお得なのも魅力のひとつです。

保険や預貯金と異なる

互助会は、よく保険や預貯金と混同されることがありますが実は全く異なります。まず、保険や預貯金の場合、保証や金利の払い出しは現金であることがほとんどです。それに対して、互助会は掛金を支払うこと自体が特定継続的役務にあたるので冠婚葬祭サービスが提供される仕組みになっています。つまり、掛金分の保証はすべて、結婚式や葬儀といった冠婚葬祭サービスでの提供になるところが大きな違いであり、ここでお得な利用になるわけです。また、互助会のサービスは自身だけが受けられるのではなく、家族や親族をはじめとする血縁者も利用ができます。ですから、家族が迎える人生の節目において、大きく役立つサービスであることは間違いないのです。